和歌山で、結婚式・和婚式・神前結婚式のことなら、結-musubi-

和婚お悩み解決Q&A

和婚のパックプランと呼ばれるものには、何がセットになっているのでしょうか?

「結musubi」の場合、白無垢・紋付・おかつら・ヘアメイク・着付けがセットになった「二人静」と、白無垢・色打掛・紋付・おかつらまたは洋髪セット・ヘアメイク・着付けがセットの「凛」を用意しています。基本はこれに、お二人が神前式を希望している神社の挙式料をプラスします。お式だけであれば、身ひとつで、あとは指輪をお持ちいただくだけでOK。衣装の追加やアレンジなどもご希望に応じて承ります。応用は自由自在。考え方としては、パックプランをベースに、憧れや希望を担当者に伝えると、よりスムーズに打ち合わせをすることができるでしょう。

パックプラン「二人静」

内容/白無垢・紋付・おかつら・ヘアメイク・着付け

※新郎用足袋、新婦用足袋・肌襦袢をプランに限り進呈

パックプラン「凛」

内容/白無垢・色打掛・紋付・おかつらまたは洋髪セット・ヘアメイク・着付け

※新郎用足袋、新婦用足袋・肌襦袢をプランに限り進呈

挙式料

神前式3万円より
※各神社によって料金が異なります。
※上記セットプランと各神社の挙式料の合計が全体の料金となります。

神社にはいつ、どのように連絡すればいいのでしょうか?

個人で神社に連絡して、ダンドリをしていくとなると、なかなか大変。それでなくても、ご結婚が決まれば何かと忙しくなりますからね。「結musubi」をご利用いただければ、仮予約までを当方でお引き受けいたします。現在、和歌山市内の神社であれば8社、市外であれば5社の案内をさせていただいております。紀南方面や県外など、それ以外の神社でもご希望に応じて、こちらから予約状況などを確認。ただ、いずれにしても本申し込みは、直接現地へ足を運んでいただく形になります。お衣裳の運び込みや、引き上げなど、それ以外のことはすべてお任せください。

衣裳は何着ぐらいの中から選ぶことができるのでしょうか?

白無垢、色打掛、振袖、引き振袖など、パックプランのお衣裳以外に、さまざまな着物をご用意。「結musubi」は和歌山でも老舗衣裳屋の看板を持ち、質と数においても自信を持っています。色打掛はもちろんのこと、白無垢ひとつとってみても、さまざまな種類があり、白のお顔映りが違います。真っ白い純白のものから蚕の生成り、染めや立体感のある刺繍によっても、似合う・似合わないがはっきりと分かれてきます。お衣裳は写真を残すなら、一生の記念になるもの。後悔のないようどんどん羽織って、お気に入りの一着を見つけてください。選ぶポイントとしては、とにかく袖を通して、お顔映りを見ること!小物のアレンジだったり、ヘアメイクなども遠慮せず、どんどんお申しつけください。

挙式後の衣裳の持ち出しは可能なのでしょうか?

基本、「結musubi」のパックプラン「二人静」は白無垢のお衣裳がセットになっています。白無垢は、神社での挙式でしか着ないものなので、貸し出しは挙式のみということになります。ですが、それ以外の色打掛、振袖、引き振袖などに関しては、お式以外でも着られるのが通例。パックプラン「凛」でお式をされる場合、白無垢で挙式をして、色打掛に着替えてお写真。またそのまま、会食場へ移動される場合もあります。ご希望があれば白無垢でも可能ですが、会場の都合などもあるので、ケースバイケースということで。動きやすさを考えて、振袖や引き振袖に変更することもできます。二次会などを予定している場合は、もちろんドレス&タキシードもご用意。場所を移動してのお衣裳や着付けなど、とにかく疑問・質問は何でもご相談ください。ベテランのプランナーがご希望に応じます。

挙式の一日の流れって、どのようになっているのですか?

それぞれ、ご希望する挙式の時間帯によっても一日のタイムスケジュールは違ってきます。またご注意いただきたいのが、各神社の祭事。神社の祭りや行事がある日は、挙式ができませんのであらかじめご了承ください。基本として押さえておくなら、新郎・新婦が入館されるのはお式予定時刻の2時間半前。白無垢の着付けとヘアメイクとで、花嫁さんには約1時間半〜2時間のお時間をいただいています。仕上げ終了後に、お写真やご両親・ご親族へのご挨拶などもあると思うので、少しお時間を余分に取っています。「ゆっくりとお式を楽しんでいただくこと」。これは私たちスタッフ全員の願いです。ですから、できるだけゆとりを持って、時間配分を考えさせていただいています。

「和婚」の申し込みはいつぐらいがベストですか?

希望する神社などの都合もあるのですが、「結musubi」のプランとして動くなら、3カ月前までにお申し込みをいただければと思います。基本、美容の打ち合わせは、お式の1カ月前に行います。メイクやかつら、洋髪のヘアスタイルなどはこの時に決定します。できればこれまでに、衣裳は決めておきたいところ。花嫁さんの方で小物などをアレンジするなら、時間にゆとりを持って、準備期間も楽しんでもらいたいですしね。お申し込みとして一番多いのは約半年前。和婚は半年も時間があれば、じっくりと衣裳を選んで、いろんなアレンジを考えることもできます。プランナーと一緒に、夢や憧れをいっぱい出し合って、オリジナリティーを追求してください。また超特急ですが、1カ月前のお申し込みというのも…。美容打ち合わせが1カ月前なので、できなくはありませんが、準備期間も楽しみの一つと思っていただければ幸いです。

ページトップへ